発達障害とは

発達障害とは

「発達障害」とは「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法)と定義されています。文部科学省では小中学校の通常学級で発達障害の特性を持つ児童生徒が6.5%という調査結果を示しています。発達障害への支援は、医学的診断のある人に対する支援システムはもちろん、特性のある人も含めたユニバーサルな支援環境を、ライフステージを通して途切れなく構築していく必要があります。

Comments are closed.