発達障害のある親の支援ニーズ

発達障害のある親の支援ニーズ

発達障害は、障害への気づきの困難から、周囲から「親の子育てのせい」、「本人の努力不足」などの誤解を受けやすいことが示されてきています。また気づきの時期から相談支援や診断までの期間が長いことも指摘されています。発達障害のある子どもを育てる親については、養育ストレス、不安、孤立感など様々な心理面の支援ニーズがあり、本人への支援はもちろん、家族への支援のしくみが早期から整備されることが望まれます。

Comments are closed.